名古屋の発展

名古屋といえば、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑にゆかりの深い、戦国の世の中心を担った歴史ある街です。三英傑が供を従えて行進する英傑行列は、毎年行われる名古屋まつりの最大の見物となっています。行列は名古屋駅から、国の特別史跡(学術的、文化的に価値の高いもの)である名古屋城まで進軍しますが、名古屋まつり期間中は名古屋城が無料開放されるため、行列を見届けた後、名古屋城も見物していくとお得に楽しめます。

名古屋城は天守に掲げた金鯱で有名な城のため、金鯱城と呼ばれることもあります。残念ながら天守も金鯱も空襲により焼失してしまいましたが、再建により当時の姿を偲ぶことが出来るようになっています。城主の居住場所であった本丸御殿も同じく戦災により失われてしまいましたが、こちらは現在、2018年の公開に向けて復元工事が行われている最中です。

名古屋城の城地にはかつて、信長生誕の場である那古野城がありました。那古野城ははじめて信長が城主となった城でもありましが、信長が清州城に移るとともに廃城となりました。尾張の中心はその後しばらく清州城でしたが、家康の九男(尾張徳川家)が城を守っていたおりに、家康が政治情勢や地形の問題から清州城を捨て、信長による廃城後荒れ野になっていた那古野城跡地に、あらたに名古屋城を築城させました。清州の都市機能は名古屋へと移転され、名古屋は城下町として整備されました。そして明治以後には、名古屋城下町に多く立地していた武家屋敷跡地に、工場が立ち並びました。当時最大の輸出品であった陶磁器の輸送経路として、理想的な地理にあったためです。それによって名古屋は、国の一大産業拠点と相成りました。伝統的であり、近代的である名古屋の歴史は、尾張徳川家の城下町として、近代産業の中心地として生まれたものなのです。

さてそんな名古屋ですが、発展したのは文化や産業だけではありません。名古屋は全国屈指の風俗街としても知られており、特にファッションヘルスの店舗数は日本一を誇ります。名古屋は近代化とともに、夜の街としても発展を遂げたのです。ファッションヘルスとは日本における一般的な風俗形態で、基本的に本番行為はなく、店に訪れた男性客が、個室で女性従業員と性的な接触を楽しみます。中部地方は風俗に対する規制の厳しい地方ですが、その中にあって名古屋の風俗店は、規制を逃れるためデリヘルに転業する店も少なく、現役で営業を続けるヘルスが多くあります。名古屋はまさに、風俗の聖地と呼んでも過言ではないエリアです。

風俗は、収入面ではトップクラスに入るであろう、高収入求人です。それは、裏方スタッフである男性求人においても同様です。採用条件も厳しくなく、特別なスキルを必要としませんので、興味を持つ方は多いでしょう。しかし風俗店の乏しい地域では、そもそも働ける場所が少ないわけですから、労働条件面を他店と比較して選ぶことも出来ず、せっかくのデビューで失敗してしまう可能性があります。

その点、名古屋はむしろ選びきれない数の風俗店が密集していますから、自分の希望にあった店をきっと見つけられるでしょう。女性の求人の多さに紛れがちですが、男性求人も意外にたくさん出されているのです。職種としては、風俗に通ったことのある男性なら、受付が分かりやすいかと思いますが、他にも多少のパソコンスキルがあるならweb更新や事務スタッフ、経験者の方なら店の運営を広く担う店長候補なども良いでしょう。また求人数は残念なことにぐっと下がってしまいますが、カメラマンやデザイナーを募集している店もあります。一生専属を誓わなくても、一ステップとして、経歴不要で応募出来る風俗の仕事に、足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。